タグ一覧

仕事が評価されない3つの理由

仕事をしていると、理不尽とも思える評価を受けることも少なくありません。 仕事が評価されないのには訳があります。仕事で評価されるためには、まずはなぜ仕事で評価されないのか、その理由を知ることが必要です。

 

評価基準が明確な企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

自意識過剰や自己中心的である

「こんなに一生懸命仕事を頑張っているのに評価されない」「あの人が評価されているのに自分が評価されないのは納得いかない」 正当な評価をしてもらえていない気がして、このように感じることもあるでしょう。

しかし、仕事を頑張ったり結果を出したりしても評価されないのには訳があります。
理由の一つに、「自意識過剰や自己中心的である」ことで、評価されないケースがあります。
いわゆる「意識高い系」に多いのがこのケースです。
高学歴で頭が良く、プライドも高い。
仕事に対する意識もスキルも高いがゆえに、「自分は仕事ができる」「自分のやり方が正しい」と思っていることを、気づかないうちに表に出してしまっている可能性があります。

このタイプは、「上司は自分より仕事ができない」「こんなやり方ではダメ」などと、悪口や愚痴を言うこともしばしば。
上司の指示に従わずに先走ってしまうこともあります。
結果さえ出してくれればそれでいいという職場であれば、どんどん評価が上がっていくでしょう。
しかし、よしとしない職場では、残念ながら評価されることはありません。
内心では、「自分より仕事ができる人はいない」と思っていても、謙虚な姿勢で仕事に取り組むことが大切です。

仕事を頑張っていることを上司にアピールできていない

どんな仕事でも嫌な顔一つせず、真摯に仕事に取り組んでいるのに全く評価されない。
自分では頑張っているつもりでも、上手く上司にアピールできていない場合、正当に評価されにくくなってしまいます。
アピール不足によって評価が下がってしまうことも。

上司にアピールできていない一番の原因は、「ホウレンソウ(報連相)ができていない」ことです。
上司に仕事の進捗状況を知らせていますか? 疑問があればその都度相談していますか? こまめな報告を怠っていると、上司は部下がちゃんと仕事をしているのか把握しづらくなります。
一日でも早く仕事を終わらせるために、残業したり休日出勤したりして頑張っても、上司に報告してアピールしなければ、努力を知ってもらえないこともあります。
なんのために残業や休日出勤をしているのかを上司に伝えなければ、“仕事が遅い人”というレッテルを貼られて、逆に評価が下がってしまうこともあります。

日頃からしっかりと報告、連絡、相談を行い、上司とコミュニケーションをとることを心掛けましょう。
上司から与えられた仕事に対する考えや進め方などを明確に伝えることで、正当な評価を受けやすくなります。

一時的に功績をあげても評価に繋がらないことがある

誰が見ても十分な功績であるのにも関わらず、評価されないことがあります。
海外では多くの企業が成果主義を導入していますが、日本では完全成果主義の企業は多くありません。
一時的に功績をあげても、高評価に直結することは少ないのが現状です。

日本企業の多くは、安定して功績をあげている人を評価する傾向があります。
そのような人は、「仕事ができる人」として認められます。
功績を上げたのに評価してもらえないと感じる人は、このような事実を理解していないケースが多く、理解していても受け入れられない人もいます。
このような人は、評価してもらえないことに不満を抱き、知らず知らずのうちに態度に出てしまうことも。
そのような態度を見た上司からの評価は、当然下がってしまいます。

まとめ

ここに挙げた項目はあくまで一例ですが、このように、仕事を評価されないのには何らかの訳があります。
思い当たることがあるのであれば、改善することで自ずと正当な評価を受けることができるようになるでしょう。
一生懸命に仕事を頑張っているのに、正当に評価されないのはとても辛いことです。
ですが、仕事が評価されない理由の多くは、誰のせいでもなく自分のせいだということを頭に入れておきましょう。

 

評価基準が明確な企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様